銀座松屋のマグ展覧会と愛知&兵庫でもイベント!

moi!寝るときにはタオルケットだけじゃ心もとない季節になってきましたね。みなさまお腹冷やしてませんか?こんにちは、サウナ番です。
さて今週は、シルバーウィークを満喫するためのイベント3つをご案内。まさにイベント尽くしの一ヶ月なんですね~。会場やグッズ情報をチェックして、お近くのイベントにご来場くださいね。
ではまず東京からは、
松屋銀座で始まった「MOOMIN !  ムーミン STORY」の会場の様子を、先週の限定販売グッズのお知らせに続いてお届けします~。開催期間は、2015年9月17日(木)~2015年9月23日(水・祝)。では、現場から、新金庫番さん、お願いします!!

mug_08

は~い、長 雨でも、平日で も、「MOOMIN !  ムーミン STORY」会場には、初日から、たくさんのお客さまがご来場されました!現場の新金庫番です。いや~、松屋のスタッフさんもびっくりですよ~。これもやっぱり、ムーミンと、今回の素晴らしいゲストの魅力によるところでしょうか~?!

実は、こちらのイベント、 二重構造になっております。
ムーミンの新作や、八天堂のクリームパンなど美味しいお菓子類、エプソンスマートキャンパスなどの会場限定商品を含む大きなグッズ売り場があり、そして、会場の入り口付近には、子どもたち用の迷路か、遊園地のような絵本パネル。これは1952年にトーベ・ヤンソンが初めて描いた穴あきのムーミン絵本「それから どうなるの?」をそのまま立ててパネルにした素晴らしい遊び心のある一角です。
ehonpanel_1

そのほかにも期間限定出店のムーミンスタンドなど、バラエティに富んだ仕掛けの中心に、今回のイベントのコア、「MOOMIN MUG STORY」があるのです!
シンプルでナチュラルな雰囲気は、フィンランドで開催されたイメージそのまま。こちらは、おしゃれなムーミンマグ73点を中心に、ヴィンテージのお皿やフィギュリンを含むマグカップの展覧会なんです。上の三段重ねの巨大マグカップのオブジェの前では、写真撮影もOKです!

mug_10

スロッテさんが、マグのイラストを検討中の試作スケッチなども「オリジナル」(!)や複製で展示されており、マグ好きな方には、絶対に見逃していただきたくない展示ですね~。

mug_09

そして、なんと、今回は、そのフィンランド発の世界的な人気ブランド、アラビア窯でムーミンマグをデザインし続けて数十年、陶芸家でデザイナーのトーベ・スロッテさんも、展覧会と一緒に連れてきてしまったのでした~!
mug_01
それを証拠に、ほ ら、イベントのオープニング・セレモニーには、フィンランド大使館からも参事官さんがかけつけました。真ん中のブラック&ホワイトの花柄ワンピースで、ニッコリ微笑んでいるのが、かわいいスロッテさ ん。アラビアのメーカー、フィスカース社のご担当者、ムーミンやミイも一緒にテープカットに参加してました。

mug_02
壁右手奥に見えるペイントは、トーベ・ヤンソン生誕100周年を記念して製作された陶板シリーズ用に描かれたイラスト。
このイラストも、スロッテさんの作品です。その前方が、期間限定のアラビアムーミンマグショップですが、大人気大混雑でした。

mug_05
こちらは、トーベ・ヤンソンのパートナーでアーティストのトゥーリッキ・ピエティラが原型を作った、アラビア陶器のヴィンテージフィギュリンコレクション。マグカップ含め、今回は個人蔵の作品を借り出していますので、貴重な機会ですね。気になったら会場へゴーです。

mug_03

こちら、会場でのお楽しみの一つ、期間限定出店のムーミンスタンドには、やはり限定メニューがたくさん!
カウンターに腰掛けて、ニョロニョロのタネ入りサンデー、じゃなかった「ペヘミス」(各750円)を味わいながら買い物の作戦を立てましょう!稀少ベリーのリンゴンベリードリンクは、一度は試してみたいもの。ムーミンワッフルのお持ち帰りセットもありです。
mug_04
こちらのグッズ売り場では、このようなスロッテさんの描いたマグアートやトーベの元絵を使ったイベント限定商品がずらり!圧巻の品揃え&入荷数で皆さんをお待ちしております。なんだかこの写真だとリトルミイの赤がとっても目立ってるけど、ピンクや空色の彩色が素敵な、他のキャラクターたちのグッズも充実してるんですよ。特に「LOVE」柄は、ピンク色を含め愛らしいですね。品良くまとまったデザインは年齢や性別を選ばないから、贈り物にもぴったりです。
(私はマグと同色の缶に入ったお菓子が気になります~ by サウナ番)それも、とっても人気みたいね。みなさま、お財布と相談しながらゆっくり吟味してくださいませ。

talk_1
今回は、スロッテさんと、 ムーミン公式サイトブログ「フィンランドムーミン便り」の作者、森下圭子さん、そして、トーベヤンソンにも会ったことがある、ムーミン書籍の編集者、講談社の横川浩子さんが、「ムーミン マグ物語」(講談社刊)を下敷きにして、プロジェクターを使いながら、素晴らしく有意義で、息のあったトークを展開してくださいました。
1000円のチケットを早々に購入された方、アラビア商品をお買上げになった方の中から抽選で当選なさった方が招かれたトークショーイベントを、動画にてチラリズム。(といっても、新金庫番の拙い画像ですが、お許しを。もちろん、盗撮ではないのですが、音声も小さいので、スピーカーか、イヤホンでお聴きくださいませ~。当面、このブログ限定での公開ですので、平に平に、お許しを~。)

talk_2
この上のマグのデザインをご存知の方は、あれ?実物とちょっと違うぞ、と思われたかもしれませんね。実は、ムーミンのバックのストライプに、最初は細かな貝殻などの模様を入れていたのを、実際に数十個マグを作ってみたところで、もっとシンプルにストライプだけの方が良いと気がついてしまい、急遽、実際に販売されたシンプルな横じまだけの背景デザインに変更したなど、マグを製作する企画立案から、実際の色や商品の製作過程まで、トーベ・スロッテさんの意志と才能が深くかかわっていることも、わかりましたよん。

 

まずは、会場でのスロッテさんの日本のムーミンファンのみなさまへのご挨拶から。スロッテさんは、20年以上前に、日本語を勉強したこともあるほど、日本や日本の文化を大事に思ってくださっていたそうです。今回が初めての来日でしたが、みなさまに直接ご挨拶できるのを、とても、喜んでくださいました。では、こちらの動画から、森下さんの通訳を介して、スロッテさんのお話をチラリズム!


トーベ・スロッテさんよりご挨拶

 


トーベ・スロッテさんよりご挨拶

Q.トーベ・ヤンソンにお会いした印象は?

 


Q.トーベ・ヤンソンにお会いした印象は?

Q.ミイのマグカップをデザインされる上で注意されたことは?

 


Q.ミイのマグカップをデザインされる上で注意されたことは?

スロッテさんは、子どものときからトーベ・ヤンソンに大変あこがれていたし、また今は、ご自分のお仕事を、とても楽しんでなさっている印象でした! こちら、ちゃんとした映像でなくて、本当に申し訳ありません。でも、ちょっと、雰囲気を味わっていただければ幸いです。あとは、会場へ行って、マグのアートを存分にお楽しみください。
会場でムーミングッズを税込3,000円以上お買い上げの方、各日、マグ展限定缶バッジを先着1,000名様にプレゼントしてくださいます。また 9月17日(木)・19日(土)・20日(日)・21日(祝・月)・22日(祝・火)に、ムーミンもやってくるそうですよ。
では、スロッテさん、森下さん、ありがとうございました!お気をつけてお帰りくださいね~!

続いて、もう一度サウナ番からお届けします。こちらは山陽百貨店で16日から始まったムーミンミニマーケットの様子、現場からの写真を交えてどうぞ~。

sanyo_01
お花を飾ってうきうきした様子のおじょうさん&ムーミン&リトルミイが目印のこちら、ムーミンミニマーケットが絶賛開催中です。箱入りリトルミイはどこを眺めているのか、視線の先が気になります。
オープン初日はあいにくの雨……でしたが、午前中から来場される方も多かった本会場。お子様連れの方をはじめ、幅広い層の方が来てくださったそうです。
sanyo_02

ご覧の通り、ふわふわのムーミン達や、色・サイズのさまざまなタオルハンカチたちがずらりと勢ぞろい。真ん中のムーミンが後ろを向いているのはご愛嬌ということで。後姿もかわいらしいもんですね。
この季節は少し着すぎると汗ばむし、急に雨がぱらついたりすることもしょっちゅう。ここらでタオルを買い足しておくと、お洗濯が追いつかない日が続いてもハンカチのストックが切れずに済むかしら?(そんなにいつもハンカチに、きれいにアイロンかけてるの?すごいわ! by 新金庫番)
さて、奥の棚の裏には各種お菓子やステーショナリーなどが並んでいます。現在のところはお土産用にとお菓子を買っていかれる方が多いそう。パッケージのかわいいお菓子が揃ってますから、食べ終わっても楽しく使えますよ。こちらは22日までと、シルバーウィークの終わる1日前に期間終了だから、気をつけてくださいね!

会場:山陽百貨店 本館5階=ギャラリー山陽
会期:2015年9月16日(木)~22日(火・祝)
営業時間:午前10時~午後7時 ※最終日午後4時閉場

さて、銀座でのイベントと同じ9月17日からは、西武岡崎店「ムーミンマーケット」が始まっています。
okazaki_01

こちらはハーモニカを奏でるスナフキンと、うっとり聞き入るムーミン、それを横目で眺めるミイがお出迎え。スナフキンが吹いているのは何の歌でしょうね。
ムーミンハウスやグリーンのアレンジメントがムーミン谷を思い起こさせる会場では、限定の缶バッジやパステルのプリン入りマグスイーツが大人気で、朝から来る方も多いそう。
意外にもこのあたりのエリアではムーミンマーケットは初の開催だったということで、なんと浜松からお越しの方も!楽しみにしていて下さった方、ありがとうございます!心に残り続けるような素敵なグッズとの出会いがありますように。
okazaki_02
このあたりで少し新作のご紹介をば。こちらが今回新作のポーチ達です。どことなくコミカルな柄だけど、白黒で統一されたデザインとキャンバス地の風合いで大人っぽい雰囲気。手にとって見ていく人も多いそうです。
okazaki_03
食品部門での人気者はこちら、コーヒービーンズ。丁寧にローストされたコーヒー豆に、「巻き」と呼ばれる伝統的な製菓の技術を使ってチョコレートパウダーの層をかぶせたお菓子です。ヨーグルト、ココア、ラズベリーの3種の味が出ていますが、どれもおいしい&見た目が素朴でかわいらしいので、迷ったら2種類くらい買っちゃうのもお勧め。松屋銀座の会場にも並んでいましたね~。
左のPOPのように、オシャレな器に入れてお出しするとお客様にも喜ばれそう。

また、こちらの会場には9月22日(火・祝)にムーミンが遊びに来てくれるそう!ムーミンと一緒に写真を撮りたい人は、西武岡崎店のホームページでスケジュールを確認しておきましょ~。

会場:西武岡崎店 4階=催事場
●会期:2015年917日(木)~23日(水・祝)
●営業時間:午前10時~午後9時  最終日午後6時閉場

さて今週は最後に一つ大事なお知らせがあります!あべのハルカス美術館で行われているトーベ・ヤンソン展~ムーミンと生きる~ですが、いよいよ2015年9月27日をもって会期終了となります。トーベ・ヤンソンの数多くの作品を一挙に見られる、本当に数少ない機会ですので、気になっていたけれどまだ見に行っていないという方はぜひ足をお運び下さい。もちろん、もう行ったけどまた見たい絵があるという方もぜひどうぞ!

新金庫番から、あと、一つお知らせが。今回のムーミンマグストーリーのネタ本ともいえる「ムーミンマグ物語」(講談社刊)のライターさんが書いた、ムーミンマニアのムーミンコレクション物語。ウェブで連載中ですので、ご興味のある方は、こちらからどうぞ。また、首都圏独立FMラジオ局のベイエフエムで、ムーミンカフェの松本シェフがゲストとして熱くカフェレシピを語るラジオ放送も、9月28日(月)まで、毎週月曜に大好評オンエア中です。詳しくはこちらのムーミンニュースのページから。お聴きになれるエリアの方は、ぜひチューニングを合わせて下さいませ~。

それでは、今週はこのあたりでお別れです。最後までお読みいただいてありがとうございました。
みなさま、良いお休みを~!moi moi ~!