宝島「収納トートバッグBOOK」&「InRed」付録、「MOE」では大特集も!

師走突入~!新金庫番です。さて、みなさま。もうケンタッキーフライドチキンのCMはご覧になりましたか?雪山でスキーをするミイたちのアニメーションがかわいいですから、ご覧になりたい方は、過去のムーミンニュースからご確認もいただけます。ただ、ムーミンスープマグつきパック&セットは、ほぼ完売御礼真近とのこと。みなさま、お買い上げ、どうもありがとうございます!ゲットできなかった方は、残念でしたが、今後ともさまざまなキャンペーンは、ムーミン公式サイトでもチェックよろしくお願いいたします。

それと、先週、肝心なことをご案内をしそびれていました!!あまたの圭子ファンに、深くお詫び申し上げます~。既にお気づきの方もおられると思いますが、ムーミン公式サイト内連載ブログ「フィンランドムーミン便り」が、先週のリリースでついに記念すべき「100回」を迎えました!!!幾たびのムーミン公式サイトリニューアルを乗り越えて、遠くフィンランドから(連載開始当初は遠かったのです~。フィンエアもこんなに飛んでなかったし。)、ムーミン研究家、森下圭子さんが送ってくださる原稿からは、いつも、フィンランドの香りがしました。森下さん、原稿を送り続けてくださって、どうもありがとうございます!これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、そんな森下圭子さんと、なんと、大人気漫画家、羽海野チカさんの対談が読めるのが、白泉社から2015年12月3日発売になった「MOE」2016年1月号です!トーベ・ヤンソンが、ムーミンの世界で描いた植物や空の色、または羽海野さんとムーミン谷やトーベに抱いている気持ちなどなどが、この世のムーミン谷、フィンランドの海や森の風景を織り交ぜながら、語られます。

そんな、素敵な今月号の特集「羽海野チカ ムーミンの国へいく」、おやつ番ちゃん、ご紹介お願いします!

交差点で信号待ちしている時に息を吸った時にピリッとした冷気を感じて、たい焼きに想いをはせるおやつ係です!冬の定番はたい焼き、でもフィンランドはやっぱりジンジャーブレッド?今回は少し甘めのコーヒーとビターなジンジャーブレッドを手に楽しんでいただきたいMOEの紹介です。

moejan_01

トーベ・ヤンソンが暮らしたクルーヴ・ハルやムーミン谷博物館はもちろん、ムーミンマグが生まれるアラビア工場見学、フィンランドのお菓子作り体験など盛りだくさんの内容となっています。何気ない生活の習慣を通すとますますフィンランドを近くに感じませんか?

なかでも私のイチオシ記事はムーミンのお話の中でよく出てくる舞台、フィンランドの森にピクニックに行ってくださった記事です。ムーミンのお話に出てくる森ってやっぱりフィンランドの森そのものだったんだなぁっと再発見。
ミルクをもってムーミンが抜けた森の、野草やベリーの茂み、モコモコとした苔は想像の中だけではなく生活に根付いた風景からインスパイアされたものだったんですね。イラストに度々現れる小さな生きもの達も森の中にいるからこそ生まれたものなんでしょう。

moejan_02
この記事の中でもイチオシなのがフィンランド式コーヒー!

お話の中でもムーミン達はコーヒーを飲んでますよね、フィンランド式のコーヒーの入れ方を想像したことがありますか?考えたこともなかった方法なんです~。ムーミン達はフィンランド式でコーヒーを入れていたのでしょうね。ムーミン達はもう冬眠している季節、ムーミンママの入れるコーヒーの香りは春までおずけですね。

価格:本体815円(税別)
発売日:2015年12月3日
判型:A4変形判
付録:クリアファイル

 おやつ係ったら、また微妙に自分の名前を言い間違えていましたね。新金庫番です。ふう。まったく、いつになったら自分の名前を正確に書けるようになるのか、今後のおやつ番に注目ですね。もういいか、おやつ係りでも。

いいかもしれませんね。おやつ係りでも。続いては、サウナ番から、宝島社から12月7日に発売予定「InRed」2016年1月号のお知らせです!1月号の付録は MOOMIN × ナノ・ユニバースのランチトートとマチ広ポーチ、この2つがついています。誌面では「リトルミイのお揃い2つセット」と名づけられているみたい。呼び名もかわいいですねえ。
inred02
ナチュラルな生成りの地にセピア×ラベンダーのイラストがのったデザイン。優しい色合いで、ミイも普段よりリラックスした雰囲気に見える??
マチ広ポーチはリトルミイwithニョロニョロの大群。付録のグッズでこんなにたくさんのニョロニョロが登場するのって、珍しいような。そしてよく見ると、このニョロニョロたちみんな鞄を持ってる!彼らの旅立ちの様子を、ミイが見送ってるようにも見えますね。
inred03
ポーチの柄はトートバッグの柄とリンクしているから、一緒に持ってもかわいいですよ。トートは名前の通りランチ用にベストな大きさ。
ポーチは大きすぎず小さすぎずの便利なサイズだから、持つ人によって使い方は無限に広がりそう。トートとあわせて使うなら、短めの歯ブラシを入れて一緒に持ち歩けばランチタイムの強い味方に。はたまた、最低限のメイク道具を入れておいて、お昼のお化粧直しにも。
ファスナーが深めに開く作りなので、物の出し入れもしやすいところはかなりポイント高いです!
このトート&ポーチセットのほか、素敵な花柄のカレンダーやインテリア情報の載ったブックレットなど、この号は付録がとっても豪華。もちろん内容の充実具合も保証つきです。
いよいよ冬本番でワードローブの入れ替えを検討されてる皆さま、ぜひチェックしてみてくださいね~。

発売日:2015年12月7日
価格:780円(税込)
トートサイズ(約):高さ180mm×底幅190mm×マチ950mm
ポーチサイズ(約):高さ80mm×幅120mm×マチ550mm
素材:綿ポリエステル混紡

続いては同じく宝島社より発売の「ムーミン 収納バッグBOOK」のご紹介です。
なんとこちら、見てびっくりの超ビッグサイズ!
takarajima_bag01
「収納」と銘打ってあるだけあって、これまでにない大きなサイズです。サイズは高さ330×幅550×底直径350mm!隣のA4程度のボックスが小さく見えてしまいますね。底の形は円に近い楕円といった感じで裏はPVC貼りです。同梱のブックレットは最新のイベント情報や暮らしを彩るリビング・キッチン系のグッズ情報などを掲載。
綿・ポリエステル混紡でしっかり目&軽い造りなのもポイント。大きめバッグでたまにある、おっきくて何でも入る!その代わり分厚くて重たいよ~、、なんてことはありません。
バケツのようにズドンとした形は「何でもこい!」といった風で頼もしく、置き場に困っている雑貨や、お子さんがいるおうちならよく遊ぶおもちゃの入れ物に使うのも良さそうです。
バーベキューなどのアウトドア系イベントでも、タオルや飲み物などを運ぶのに便利そう。あと裏貼りがしてあるから、ちょっとの間なら濡れたものの持ち運びにもいいかな……などなど、使う人の数だけ、使い道がありそう。一人ひとりの悩みにあわせて、リトルミイがお片づけの手伝いをしてくれますよ。

価格:本体2,538円
バッグサイズ:高さ330×幅550×底直径350mm(いずれも最大値)
素材:綿ポリエステル混紡/裏PVC貼り
判型:A4判
ブックレットページ数:8P

さてさて、今週は雑誌がたくさん出る週でしたね。今思ったけど、2016年1月号って、もう来年の号が出る時期なのね……怒涛のように月日が過ぎてゆく様には驚くほかありません。それでは、みなさん良い週末を~!