ベビー向けCD&フィギュア登場!ギャラリー展示も

蒸し暑~い日が続きますね。蒸篭の中のシュウマイの気分です。こんにちは、サウナ番です。そろそろ、リネンのシャツが魅力的に見えてくる頃ですね。そしてまた、蚊が出てくる季節も巡ってきたようです。この間、油断してたら寝ている間に刺されちゃいました。それも足の裏。去年使った虫除けを探してみるものの、一体どこへ行ったやら。冬の間に足が生えてどこかへ行ってしまったとしか思えません。蒸し暑い上に蚊の羽音にまで悩まされては、これからの季節をサバイブできない。週末にホームセンターへ行くことを心に誓うサウナ番でした。

さて、今週はおやすみタイムにぴったりなCDのご紹介から。ビクターエンタテインメントから、赤ちゃんが泣きやむ不思議なCD「ほーら、泣きやんだ!ベスト」が発売されました。
vic_01
並んでスヤスヤ眠っているムーミンパパ&リトルミイがとってもかわいいですね。色合いのせいか、あったかいムードにあふれています。こちらのCDはタイトルの通り、赤ちゃんが泣いてしまっている時に聞かせる用の音楽を集めたもの。なんでも、収録されているBGMはすべて、赤ちゃんがお腹の中にいるときに聞いている音と同じ音で演奏されているんですって。もちろん個人差はあるようですが、これを聞かせると、ぐずっていた子も不思議と泣き止むことが多いんだそうですよ。
やさしい音色で奏でられるメロディーの合間に、ボワーンとした鼓動のような音が聞こえてきます。これがお母さんのお腹の中で聞いている音なのかな?
胎内の音のCDは以前からあったそうですが、大人が聞くとちょっと雑音のように聞こえるものもあったそう。
赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるには、一緒に聞いている大人の気持ちも落ち着いている必要があるはず…ということで、”胎児が聞いている楽器の音”を再現して音楽にしたのがこのCDなんだとか。赤ちゃん用のCDだけど、一緒にいる大人の気持ちも考えて作られているという点がとても優しくて素敵です。
vic_02
リーフレットには、そんなCDの制作過程や坂根シルックさんからのメッセージも掲載されています。ママになったばかりの頃の不安な気持ちに優しく寄り添い、励ましてくれるメッセージ、CDを聞きながら読んでみてくださいね。

価格:2,400円(税抜)
発売日:2016年5月25日

続いては、かわいいフィギュアの紹介です。奇譚クラブから約2年ぶりとなる最新作が登場しました!これまではマスコットアソート、アートマグネット、フィギュアマスコットとガチャガチャシリーズを展開し、いずれも原作のタッチを再現した高い完成度が人気を集めていました。今回発売されるのは、これまでのシリーズの中で最も人気のフィギュアマスコットの第3弾。
kitan_01mo
今回もしっかり原作の世界観を追求した仕上がりですよ~!細かな造形や色、そして立体栄えするキャラクターの選定などなど、ファンのツボを押さえたつくりはさすがの一言。
肝心のラインナップはワイルドなポーズがお茶目なムーミンや仲良しのスニフ、ミムラ、ニョロニョロ、トフスラン&ビフスラン、ご先祖さま全6種。
個人的にはスニフとトフスラン&ビフスランがツボですね。スニフは独特の困り顔というか、なんともいえない情けなさそうな表情をあえて再現しているところが嬉しい。トフスラン&ビフスランは髪の毛の造作や洋服すそ広がりなラインがとってもかわいいですね。
kitan_01snkitan_01tb2
もちろん全て自立式なので、どこにでも置けちゃいますよ。自由な社風のところなら、会社のデスクにムーミン谷を作ったりもできるのでは……?こちらのマスコット、種類によっては腕や首が可動するようになっており、自分好みのポージングで飾る事が可能です。前作のマスコットと合わせると今回で全18キャラクターが集結するので、原作の一場面を再現したりもできそうですね。全国のガチャガチャおよび、ガチャガチャおよび、全国のキャラクター雑貨店にてブラインドBOXで発売です。

価格:300円(税込)
発売日:2016年5月26日

最後にお知らせするのは、東京・神楽坂にあるギャラリーondoで開催されている展示、”新谷麻佐子×内山さつきの2人展「Vägen hem」〜トーベ・ヤンソンの夏の記憶を追いかけて”です。「Vägen hem」とは、スウェーデン語で「家への道」「家路」のこと。イラストレーターの新谷さんと、ライターで編集者の内山さんが、はるばるトーベが過ごしたクルーヴ・ハルへ、彼女との思い出を持つ人たちをたずねた旅の記録が写真やイラストとともに展示されています。

ムーミンを好きな人は、クルーヴ・ハルのことはよくご存知かもしれませんね。中には、実際に行ったことのある方もいるでしょう。でも、自分とは違う人のフィルターを通して写真やイラストに現れた景色を見ることで、クルーヴ・ハルへの印象が変わったり、トーベや彼女の作品についての考え方に新しい刺激を得られるかもしれませんね。今週末までの開催ですから、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょう。

会期:2016年5月17日(火)~2016年5月29日(日)
会場:ギャラリー ondo kagurazaka

最後に新金庫番からもひとこと。こちらの二人展で展示されている素晴らしい写真やには、フィンランドの群島エリアにまだいらしたことのない方たちも、郷愁をそそられることでしょう。一見の価値有りです~。人気の本屋さんのギャラリーですので、ご興味のある方は、おたずねください!

では、また来週まで、アディオ~ス!!