SPRiNG、新作バッグ、岡山のイベントとムーミン美術館!

みなさん、元気ですか~!!?こんにちは、梅雨に入って身構えてるのに意外と雨が降らなくて拍子抜けしているサウナ番です。いやーまあ、まだ梅雨入りして2週間くらいしか経ってないのでアレなんですが。そうそう、このあいだテレビで見たんですけど、今年はエリザベス女王が使っている形のビニール傘が人気だそうで。ふっくらと包み込むようなシルエットは、たしかにちょっと高級感があってかわいらしかったです。あと、風速100kmくらいの風にも耐えられる傘というのも紹介されていて、毎年風の強い日に傘をバッキバキにしてしまうサウナ番としてはとっても心惹かれるものがありました。今年は暴風雨とか台風とか、少ないといいのだけど……

さて、今週はまず宝島社から発売中の『SPRiNG』2017年8月号をご紹介しましょう!
今回の付録は、アーバンリサーチコラボの、ムーミンのカゴバッグ&リトルミイチャームのセット。ラフィア風の編地が特徴のバッグは、柔らかい手触りで織り地もフラットだから、全体にスマートな雰囲気です。カジュアルになりすぎたり民族調に転びんだりせず、普段のお洋服にも合わせやすくて活躍すると思いますよ~。ちなみにカゴの素材はポリプレピレンとポリエステルなので、ちょっとくらい通り雨で濡れてもへっちゃらです。
ムーミンはどこに?と思った方、ご安心を。ムーミンは裏地にひっそり(?)しのんでいます。このブドウ柄、見たことある人もいるのでは?これはムーミンのオリジナル柄でも特に人気の一つで、「ロスト イン ザ バレー」柄、いろんなグッズで使われています。以前は山加商店のポットなどにもかわいく使われていましたよね。今回は地色のオリーブグリーンがブドウ柄によく合ってます。
チャーム&ブランドコラボタグはこんな感じです。リトルミイのチャームはメタルの型押しで、ボールチェーンなので何にでもつけられます。このバッグにつけてもよし、キーホルダーに付け足してもよし。しかし雑誌の付録でここまでしっかりしたものがついてくるなんて、、、いやー今ってすごい時代ですね。夏のバッグ選びに悩んでいる方はぜひ一度手にとって見てくださいね!
『SPRiNG』2017年8月号
価格:860円(税込)
付録サイズ(約):高さ23×幅30×マチ8.5cm

さて、続いてのお知らせはこちらも新作!レイジースーザンのリバーシブルバッグです。
 ベージュ×オレンジと、ネイビー×ブルーの2色、それぞれ2サイズ展開です。それぞれのバッグにつめたムーミンたちが見えちゃってますが、お気になさらず。
 開閉はマグネット式で、左右をささっとかきあわせればぴたっとくっつく手間いらずなスタイル。両脇がふわっと開いた形なので、急いで中の荷物を取り出したい!って時にも便利そうです。Lサイズのほうはマザーズバッグとして使ったり、かさばる荷物を持ち運ぶのにも良さそうですね。Sサイズはランチバッグや、ちょっとそこまで・・・って時にぴったり。オレンジ、ブルーのどちらもナイロン製でかさばらないので、使わないときはたたんでおけば、かさばりませんよ。
 オレンジの柄、あまりにかわいいのでアップで撮ってしまいました。元気良く飛び跳ねるおさかなとミイの元気な笑顔は、見ているだけで元気が出そうです。ブルーのバッグでは、上でとりあげたムーミンとブドウの柄が使われています。ブルー&イエローでまとめられていて、すっきりとおしゃれな印象。

さて、レイジースーザンからはもう一つ新発売のグッズが……
一体何かしら??これだけではさっぱり見当が付かないですね。というわけで中身を見てみましょうか。中身を取り出すと……
ムーミンやスティンキーが登場!こちらは手のひらサイズのミラーなんです。さっきの写真のピンクやブルーのポチは、ケースからちょっぴり出ているしっぽやお団子の部分だったんですね。キャラクターの裏を返すとしっかりしたミラーになっています。
レザーケースに光る「Anniversary 35th」の文字。深みのある色合いと、控えめな型押しが大人っぽいですね。ミラー自体もつるりとしたきれいな仕上がりで、大人の女性が使っていても違和感のないアイテムです。

価格:バッグSサイズ4,500円、 Lサイズ各7,500円
ステンレスミラー1,500円(すべて税抜)
サイズ:バッグSサイズ 幅30×マチ10×高さ20cm、 Lサイズ 幅50×マチ15×高さ35cm
ステンレスミラー  ムーミン:横4.5×縦9.7cm、リトルミイ:横6×縦10cm、スティンキー横8×縦8.2cm

お次のご紹介は天満屋 岡山店で開催中の「ムーミン絵本の世界展」です。
不敵な笑みを浮かべたリトルミイがお出迎え。ほの明るい通路を歩いてゆくと……

明るくかわいらしい原画の世界が待っています。壁にちりばめられたアートも楽しい見所の一つ。
こちらは人気の高い絵本『さびしがりやのクニット』『ムーミン谷への不思議な旅』 より。近づいてみると、今まで気づかなかったような細かな書き込みが見えてくるかも。
こちらはグッズ売り場の様子。上段のムーミン屋敷形ケースに入ったキャラメルは東京会場で大人気でしたね。カラフルなコンペイトウやマスキングテープも、絵本の世界をそのまま再現したような明るい色使いが好評です。このほかにもこの会場でしか販売されていないグッズがたくさん並んでいるので、ゆっくり会場で吟味してくださいね。
岡山会場での開催は6月29日(木)まで。6月24日には絵本の読み聞かせイベント、6/24、25にはリトルミイが会場に遊びに来てるそうですよ。今週末の予定どうしよっかな~という方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

会期:2017年6月21日(水)~6月29日(木)
営業時間:午前10時~午後6時閉場、 最終日午後5時閉場

さて、最後に新金庫番からお知らせです。2017年6月17日(土)フィンランドのムーミン美術館がリニューアルオープンしました!!オープニングセレモニーがFacebookの@Moominアカウントでライブ中継されまして、今もこちらで動画をご覧いただけます。トーベヤンソンの姪のソフィアと館長がテープカットをしていますが、興奮ぶりが伝わってきますね。オープンにこぎつけるまで、さぞや、大変だったのでしょう!そして、そこに一緒に映っているのは、なんと日本からのスターたち。。先週も予告させていただきましたが、ムーミンオフィシャルツアーのメンバーが一番乗りで入場して、現地メディアの取材攻勢を浴びたようです!そんなメディアがアップした中でも代表的な記事がこちら。

フィンランド放送(フィンランドの公共放送)の記事:
https://yle.fi/uutiset/3-9669246
ヘルシンギンサノマット紙(フィンランド最大の新聞社)の記事:
http://www.hs.fi/kulttuuri/art-2000005258807.html

すごいでしょ。このあとも、ツアー参加者のみなさんは、ムーミンワールドから、フィンランドの森にまで回って旅を満喫したそうです。そんな様子は、こちらのインスタグラムPEIKKOのブログでもご覧いただけます!

夏至祭はまだこれから。ムーミン美術館も無事開館したタンペレ市では、一年と人生のピークが一度にきたような(?)週末になっているに違いありません。何しろ、1986年に、トーベ・ヤンソンからムーミンを含んだ2000点に及ぶ作品を預かって、いつかこれらの作品を、多くの人に見やすく見てもらえる美術館を作ります!というのが、作品を寄付したトーベとの約束でもあり、タンペレ美術館の悲願でもあったのですから。
森下圭子さんのブログ、今月の「フィンランドムーミン便り」を見ても、みんなが幸せになる美術館ができたことがよくわかりますね!

では、また来週まで。アディオ~ス!!