岡山のイベント&フィンランドデザイン展最終、ジャパンプレミアなど

台風一過でようやくお日様が見える日が出てきましたね。朝、ひだまりでネコが日向ぼっこをする姿を見かけるようになりました。前足を揃えてお日様にむかって目をつむっている姿はいかにも気持ち良さそう。できることなら横で一緒に日に当たってみたい~。ごろ~ん。

さて、サウナ番がごろんごろんしている間に、今週のトップニュースいっちゃいましょう!新金庫番です。ムーミン パペット・アニメーションの劇場版新作映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』のジャパンプレミアの開催情報が解禁になりました!2017年11月14日(火)に都内、丸の内TOEI開催されるジャパンプレミアでは、主演キャストのみなさんを招いての舞台挨拶が予定されています。ゲストはもちろん、宮沢りえさん、森川智之さん、朴璐美さん、そして、主題歌を歌うサラ・オレインさんと大変豪華な顔ぶれです。2000円のプレミアチケットは、10月28日(土)より「チケットぴあ」にて販売開始されますが、販売は数日間と、大変期間が短い上、抽選となりますので、ご興味のある方はすぐに映画の公式サイトで情報を確認してくださいね。

また、なんと、このジャパンプレミアにムーミン公式ファンクラブの有料会員の方から抽選で15組30名がご招待されます~!これは、今まさしく、ファンクラブ入会のチャンス??ご応募の方法など詳細は、こちらのムーミンニュースに掲載されているので、急ぎご確認くださいね。こちらも募集期間は短く、本日から来週月曜までとなります!!

はい、ネコのポーズから脱出しました。サウナ番です。お次は、倉敷天満屋で開催中のムーミンミニマーケットのご紹介です。
会場写真が届きましたので、ご覧ください!

お花畑に囲まれたムーミンたちがお出迎え。一足先に(?)春の雰囲気。
会場は初日の朝からたくさんのムーミンファンでにぎわったそう。今回はハロウィン仕様のお菓子や人気のムーミンハウス3段缶、ギョク硝子のパッケージチョコレートなど、ビジュアルもかわいいお菓子たちが集まってます。
こちらは色とりどりの食器たちが並びます。寒くなって家で過ごす時間が長くなるこれからの季節、毎日の食器をとっておきのお気に入りにアップデートすれば毎日が楽しくなりそう。人気のマグはもちろんのこと、渋い色味のご飯用のお茶碗やどんぶりなども。
そのほか、ここ最近のくら~い天気をふきとばすような明るい華やかな色合いのタオルも勢ぞろいしています!お買い物は実物を見てから決めたい派の方には、じっくり検討するいいチャンスですよね。

会場:倉敷天満屋 5階 催場特設会場
会期:2017年10月25日(水)~11月6日(月)

続いては明日から宮城県美術館で開催されるフィンランド・デザイン展のお知らせです。いち早く会場の写真が届いていますよ~。
北欧好きなら一度は見たことある(?)アールニオのボールチェア。白と赤のコントラストがまぶしいですねえ。こちらは展示オンリーですが、エントランスの椅子は座ってみることができるので、ぜひ試してみてくださいね。宮城会場での展示はクリスマスイブまで、ということで会場にはクリスマスツリーも飾られる予定だそう。

フィンランドのデザインといえば、のテキスタイルたち。天井から下がるタペストリーは柄のダイナミックさもあいまって、強烈な存在感です。明るい色使いと大胆な線が視界一杯に広がります。

展覧会限定グッズも、定番のポストカードやトートなど、普段使いしやすいものがたくさん揃っています。さらに宮城会場ではクリスマス限定グッズの販売も予定されてるんだとか・・・!どんなグッズなのか、明日オープンの会場でぜひ見てみてくださいね!

会場:宮城県美術館
会期:2017年10月28日(土)~12月24日(日)

さて、最後にまたまた、新金庫番です。今週はここまでブログ「ムーミン谷倉庫から」を読んでいただいた読者のみなさまに、ムーミン公式サイトで「フィンランドムーミン便り」を執筆していただいているムーミン研究家の森下圭子さんからメッセージが届いています~。
昨年一月、福岡市博物館から始まったフィンランド・デザイン展も、ついに今回ご紹介した宮城県美術館が最後の会場となりました。
その宮城県美術館で、今回森下さんは、「フィンランド ~幸せと暮らしのデザイン~」というタイトルで講演を予定されていますが、
その内容を自らご紹介をしてくださるということで、本日こちらにお招きしています。
では、森下圭子さん、どうぞ!!

ありがとうございます!!!
今年一月からフィンランド独立100周年を記念して巡回しているフィンランド・デザイン展。いよいよ最終会場の宮城県立美術館にやってきました。11月4日(土)に「フィンランド~幸せと暮らしのデザイン~」というタイトルで講演させていただきます。フィンランドの人たちが大切にしていること、暮らしかた、幸せのありかたは、そのままムーミンの世界と通じるところがたくさんあります。ムーミンたちのファッションも(マリメッコ以前から!)、今月の便りで書かせていただいたムーミン屋敷が生きているキャラクターのようだというのも、アールトのデザインが「有機的デザイン」と呼ばれたことと通じるよね(ちょっと強引?)、なんて考えたりします。フィンランドで暮らし、フィンランドのことを知れば知るほど、ムーミンの読み方が変わったり、新しい発見があるんです。そんなことも念頭におきながら、フィンランドの風景や暮らしの写真をスライドショーでご覧いただきつつ、フィンランドの衣食住を中心にお話をさせていただく予定です。
聴講は無料。整理券の配布は12時からで会場は13時、講演じたいは13時半開始です。ぜひ!ぜひ!お越しください!

森下さん、ありがとうございました。宮城会場での講演会は、森下さんの、生の声を聞けるめったにないチャンス。お近くの方は、ぜひのぞいてみてくださいね。詳細は、こちらのページから。

本当にこのごろの日本は、美術展や、映画公開、テーマパークなど、フィンランドやムーミンに関わる話題がいっぱい。フィンランド独立100周年である12月6日、そして、クリスマスもどんどん近づいてきて、ワクワクも高まってきました。

来週もいろいろムーミンなお知らせをお届けしますね。それでは、また来週まで。アディオ~ス!