出版70周年を記念して、1965年の日本で最初のムーミン単行本を復刊!

日本で最初にムーミンが紹介されたのは、1964年。当初は『少年少女新世界文学全集』の北欧現代編に「ムーミン谷の冬」が収められておりましたが、1965年に初めて単行本として出版されたのが、この『たのしいムーミン一家』です。

たのしいムーミン一家復刻

・当時のままの函入りで、装丁もすべて再現!
・挿入イラストを一新し、美しい絵で当時をそのまま復刻しました。

・帯は、羽海野チカさんのコメント!
・復刻版オリジナルふろくとして、表紙ポストカードと別冊「ムーミン童話日本出版50年のあゆみ」つき!
・少し小ぶりな四六判にリサイズしたので、ギフトにも最適。

スナフキンが手にしていたものは、現代は「ハーモニカ」ですが、当時は「よこぶえ」と書かれていました。また、名前が今とはすこし違う登場人物もいたりします。
アニメは知っているという方も、学校の図書館をなつかしく思い出される方 も、各世代それぞれに、50年前の書籍の雰囲気をお楽しみください。

作・絵/トーベ・ヤンソン
訳/山室 静
出版社:講談社
発売日:2015/7/30
価 格:2,300円(税別)