まほうって、しあわせ? ふしあわせ?

ムーミントロールたちは、ある春の日、まほうの黒いぼうしをひろいます。ぼうしによって、雲に乗り、家がジャングルになり、ムーミントロールがおかしな姿になったりします。

2014年トーベ・ヤンソン生誕100周年!
青い鳥文庫ムーミンシリーズが新装版で登場!!
長い冬眠からさめたムーミン谷の愛すべきなかまたちが、海べりの山の頂上で、黒いぼうしをみつける。だが、それは「魔法のぼうし」だったために、つぎつぎにおかしな大事件が……。
フィンランドのアンデルセン賞受賞作家、トーベ・ヤンソンが描く、詩情あふれるファンタジー。
角野栄子の巻末エッセイつき。

身近にムーミンたちの気配を、そこにあるように感じられるのは、豊かな自然の中で育ち、それを深く見る目を持ち、しかも一生そこから離れることもなかったヤンソンさんだからこそ生まれたものだと思います。これは絵を言葉にし、言語を絵にすることで、作り上げられた奇跡のような物語です。
角野栄子(児童文学作家)/青い鳥文庫版初版より

作・絵:トーベ・ヤンソン
訳:山室 静
出版社:講談社
発売日:2014/4/11
価 格:680円(税別)