完全体験型展示「ムーミン谷の冒険」、ロンドンで開幕!

イギリスで最大のアートセンターであるロンドンのサウスバンク・センターで、インタラクティブなムーミンの展覧会「ムーミン谷の冒険」が始まりました。この完全体験型展示「ムーミン谷の冒険」は、イギリスでは始めての大きなムーミン展ですが、さらに、2017年の秋には、ダルウィッチ・ピクチャー・ギャラリーで、トーベ・ヤンソン展が開催される予定です。

161219Southbank-Ad_1

Tove Jansson’s niece, Sophia Jansson
Photo: Vic Frankowski

「ムーミン谷の冒険」展は、サウスバンク・センターのロイヤル・フェスティバル・ホールで開催されます。これは、2017年を通してサウスバンク・センターで開催される北欧のアートと文化を幅広く展観するイベントの一環で、トーベ・ヤンソンの人生とその作品に影響を与えた大変貴重な展示物と、彼女のイラスト作品を「体験」することができます。

この展覧会では、いままでイギリスで公開されたことのないオリジナルイラストや絵画、立体造形から、トーベのアトリエや30年近くを暮らした島の住処に残された書簡や私的な持ち物まで、さまざまな貴重品が展示されます。

トーベの姪であるソフィア・ヤンソンは、こういっています。

「トーベの作品は、彼女の人生と経験に大変大きく影響を受けています。それには二つの面があって、一つはとても近しい友人や家族などとの付き合いといったパーソナルな面、もう一つはフィンランド的な社会や政治のあり方、生活習慣や、自然の風景などといったフィンランドの一般的な事柄、両面からの影響があるのですが、サウスバンク・センターでの展示では、トーベ・ヤンソンの住処と仕事場、双方から、ムーミン童話の物語世界と直接つながりのある物をチョイスして展示しているのです。本当に、このアーティストと、彼女の作品が互いにどのように深く結びついていったのかを知る上では、パーフェクトな方法だと思います。」

トーベ・ヤンソンのムーミン物語の中に出てきたような貴重な展示品を通して、来場者のみなさんは、ムーミンのお話の世界と、その登場人物たちをとても身近に感じるに違いありません。会場のオーディオガイドも、ムーミンたちが暮らすのどかで平和なムーミン谷を体験する冒険旅行を完璧にサポートしてくれるでしょう。

161219Southbank-Ad_2
Photo: Vic Frankowski

会場では、ムーミンの本の中に登場する北欧的な風景を体験します。うっそうとしたムーミン谷の森や「ムーミン谷の冬」にでてくるようなフィンランドの雪景色に映える、水辺のテント、また、ここでは「ムーミン谷の冬」の表紙の下絵として作成された水彩で彩色されたスケッチも展示されています。

トーベがジャズを好んでいたことは知られていますが、会場の依頼で、新たに、アキ・リッサネン作曲によるジャズ・サウンドトラックも制作されました。


161219Southbank-Ad_3
Photo: Vic Frankowski

「さあ、この不思議なムーミン谷を旅する冒険に参加しませんか?森をはい登ったり、洞窟で身を寄せ合って震えたり、ムーミン一家を探しにヨットを操り荒波を乗り越えたり、そんなわくわくするような冒険のなかで、トーベ・ヤンソンの創り出したとんでもない世界や登場人物、お話についてより詳しくなった自分を発見しますよ。初登場のイラスト作品も皆さんを待っています。」

 

会期:2016年12月16日(金)~2017年4月23日(日)

会場:サウスバンク・センター、ロイヤル・フェスティバル・ホール

対象年齢:7歳以上

詳細情報はこちらのサウスバンク・センターの公式サイトから。(いずれもリンク先は英語。)