(59)ムーミンにかける熱意と気合い

ドラマ、CM、映画、ニュース番組にだって登場する……食器が必要な場面に必ずというか当然のようにおかれているのがイッタラやアラビアの食器。フィンランドではそれくらい日常的で一般的なのだ。

イッタラ・アラビアの食器には、もう何十年もフィンランドの食卓で定番アイテムになっているものと人々の生活スタイルの変化に合わせて新しくでてくる商品がある。また双方の相性がとてもいい。各々が自分にぴったりの食器を少しずつ買っては自分らしい組み合わせを考えていく。大切にこだわりをもって選ばれるイッタラ・アラビアだけれど、なかでも群を抜いてるのがムーミンのシリーズなんだそうだ。気合の入り方が違うらしい。

カスタマーセンターにかかってくる問い合わせや意見がもっとも多いのもムーミン10月発売といわれたら10月1日に電話して「もう10月になったけれどムーミンの新マグは?」と問い合わせる人も1人や2人ではない。ちなみにこんな問い合わせは他のイッタラ・アラビア商品にはないそうだ。というか、フィンランドの人がそんな急かすのを私は見た記憶がない。いつもは「9月はまだ30日もあるんだから、そのうち出てくるわよ」くらいのんびりしている。あるいは「わたし左利きなんだけど、左利きだとキャラクターのお尻ばっかり眺めてコーヒー飲まなくちゃならないのよ。ねえ左利き用マグも作るべきだと思うの」というご意見。こちらも1件2件ではない。さらに新マグのためのキャラクター提案をしてくる人たちも多いそうだ。コミックで一回しかでてきたことのないようなものまで「私大好きなのよ」とリクエストしてくるとか。復刻を望む声も多いそうだ。ちなみにビンテージショップでよく見かけるティーマシリーズの前身、キルタの復刻を求める声はと聞いたら、それはムーミンに比べたらほとんどないに等しいということだった。

ふと思い返してみると、確かにどこのお宅へおじゃましても必ずムーミンマグの1つや2つある印象だ。知らないうちに集まっているのもムーミンマグ。使っているうちに愛情がどんどんふくらんで気づけばコレクターになっているという人も多いようだ。

森下圭子

こんな旅行鞄まで。冒険好きのムーミンたち、やっぱり旅行に関連するようなグッズも多い。

クリスマスオーナメント用のミニミニマグ。4つで1セットになっている。底にはマグ同様アラビアのロゴがきちんと入っている。