2009-03-27

美しい銀座のウインドウディスプレイ!なんておしゃれなムーミンたちでしょう。新金庫番です。ご無沙汰しておりましたが、このたびは銀座三越で2009年3月30日(月)まで開催中の「ムーミンプレミアムコレクション in Ginza 2009」をご紹介しま〜す。これは、かの有名なライオンちゃんの、向かって左隣のディスプレイに見ることができます。うふふ、会場に入る前からわくわくしちゃいますね!


ムーミン商品だけで、こんなにかっこよくなるのです〜。

春色の会場にはたくさんのお花が咲いています。そこにいるだけでお花見の気分が味わえるのは最高。文具も新作の蜂蜜味のマシュマロも、風呂敷も欲しくて困りました!とにかく新商品だらけです。



初日のムーミンのお出迎えシーンです。ご来店のお客様も大喜び!!


会場限定スイーツは4種類もあります。こちらのフルーツゼリーの群れがあまりにも可愛くて激写!おなかに納めるのがかわいそうなくらいです。


すでにイベント会場では皆様におなじみのマスコット、ムーミン屋敷も実はリニューアルしています〜!家の中をよっくご覧になりましたか?遊びにきたミイの姉妹たちにひっ掻き回されているムーミン一家がリアルに再現されています。ほらほら、じょぼじょぼと水をこぼす音が聞こえてきそう。

このこはどうして困っているのかしら、ママが見つからないの?大丈夫、ママもパパもこの会場にいますよ。皆さんも会場にいらしたらムーミンママとムーミンパパも探して下さいね。本当の理由を知りたい方はムーミンコミック第1巻「黄金のしっぽ」をご覧下さいね。

これは、イベントぎりぎりで商品が完成したベネリックのムーミン手ぬぐい。1470円(税込み)です。ころころしたムーミンと、味のあるポーズのママとおめでたい感じのニョロニョロ、おしゃれな赤地のミイと3種類そろっています。これを巻いて、今年のムーミンの日あたりにお出かけした日には、フィンランド人もうらやましがること請け合いです!原画展に出かけても良いかもしれませんね!



さて、そんなこんなで、お次はムーミン原画展レポート。
本当に素晴らしい展覧会です。トーベ・ヤンソンの才能に圧倒されるとともに、これらの作品がまとめて一箇所に安全に管理されていることに感謝しました。


タンペレに収蔵された立体物が初めて8点も持ち出された原画展は、まずは大阪から始まります。大丸心斎橋店 本館 7階 大丸ミュージアムで、2009年4月5日(日)まで開催中!これが、フィンランドのタンペレミュージアム ムーミン谷博物館の入り口にも飾られている今回の象徴的存在、ムーミンの立体像です。ひとみがか・わ・い・い。

立体物もチラリズム。ムーミンママのバッグの質感やミイの服、トゥーティキのブーツなど、どれもリアルでおしゃれです。腰を低くして、近寄り眺めると、ムーミン谷に行ったみたいな気分になれました。谷口千代さんの最近の作品も展示されていました。


塗り絵のできるランチョンマットや、タンペレ美術館で売っているポスターや絵はがき、以前にバイヤー日記でもご紹介した、ムーミン谷博物館の20周年図録など、いまのところ日本ではムーミン原画展でしか買えないものだらけです。

こちらも原画展オリジナルグッズ、コースターやガーゼハンカチなど、原画展に展示された作品を使った商品がいろいろあります。



新金庫番のお気に入りは、山加商店の原画展限定商品のマグカップ。ムーミンママやちょっと暗いホムサ、笑い転げるミイなどの習作がタッチもそのままに、まるでアニメのように連なっているカップ。おしゃれな上にいつもトーベさんが近くにいるみたいです。銀彩と金彩の2種類があって、お値段は各2100円(税込み)。サイズは直径8cm、高さは10cmです。



手に取ってみると、欲しくなっちゃうかも。


会場ではわかりにくいかもしれないので、今回講談社から出ている画集も紹介します。下の写真が表紙で、お値段は2730円(税込み)。原画展に紹介されたイラスト多数やトーベさんの家族の写真、冨原眞弓先生の解説などが載っている愛蔵版です。お手にとってご覧下さいね。

こんにちは。新電話番です。新金庫番の写真を見せてもらったら、ますます実物を見たくなりました。楽しみだな〜。さて、ここからは原画展で販売されている商品のご紹介をします!まずは学研ステイフルの原画展オリジナルグッズのA4クリアファイルです。

ごらんの3柄があります。左から絵本「ムーミン谷への不思議な旅」の水彩イラスト、中央がフィンランド語版とスウェーデン語版のコミックス表紙の絵柄、左はムーミン谷の地図柄です。お値段は各262円(税込み)。


少しアップの写真も載せてみました。

パステル調の色合いもきれいなコミック表紙柄のアップ。にこっとしたうみうまも素敵です。

こちらは絵本「ムーミン谷への不思議な旅」柄のファイルの裏側のアップ写真。横長のイラストで表側からイラストが繋がるようにデザインされているんですよ。裏にはトゥーティッキやめそめそもいます。宝石にうっとりのスニフがかわいい。

そしてこちらも学研ステイフルの原画展オリジナルグッズ、ポストカードは6柄あります。お値段は各157円(税込み)。

上の3柄はフィンランド語とスウェーデン語版コミックスの表紙を飾るイラスト。ロゴの文字は「ムーミン」という意味なんですよ。珍しいキャラクターもたくさんいて楽しいですね。

上でご紹介したクリアファイルとお揃いになるの2柄と、ママが鍵を持ったイラストはフィンランドのゲームボードパッケージのイラストがデザインされたものです。写真たてに入れて飾るのもいいですね。

ここからは銀座三越のイベントで発売中の商品をご紹介します。実は昨日もバイヤー日記を更新していたのですが気がつきましたか?イベント会場で発売している新商品をご紹介していますので、見忘れないでくださいね。最後に昨日載せきれなかった2アイテムです。

こちらは、学研ステイフルの商品で、銀座三越のプレミアムコレクションオリジナルのA4クリアファイルです。今回のメンイイラストが大きくデザインされています。爽やかなブルーとグリーンがきれいなファイル。トーベさんが1950年代に北欧の企業広告用に描いたイラストを使用してデザインされました。お値段は262円(税込み)です。

セキグチのご先祖様リアルマスコットです。銀座三越の会場で発売中です。

「あのね、、」と何か話しだしそうな表情がたまらなくかわいらしい。ふっさふさの毛の中からちゃんと手足が覗いています〜。サイズは約6.5×14cm(しっぽを含む)で、今にも動き出しそうな本当にリアルご先祖様です。取り外し可能なストラップになっているのでカバンに付けたりもできますね。お値段は1260円(税込み)。

タグもかわいかったので、載せてみますね。小説のなかにあるイラストがデザインされています。


今日もたくさんでしたね。新電話番のデスクのまわりもグッズたちや箱などに囲まれ大変な事になっています。来週こそは片づけなくては…。最後に倉庫番からお知らせがあるそうなのでバトンタッチしますね!

倉庫番です。新金庫番、新電話番、お疲れ様でした。今回のイベントに向けて関係者の方々が楽しい商品をたっぷり準備してきました。たくさんのファンの方々に喜んでもらえるといいなあ。実はイベントに間に合わなかった商品も多数。ここしばらくはバイヤー日記から目がはなせませんね。

今回の原画展を見て、もっとたくさんの作品が見たくなってしまった方に素敵なお知らせ。ムーミンショップのPEIKKOが企画したフィンランドツアーへの参加者を募集中です。
ムーミンファンのために、ムーミン谷博物館ムーミンワールドにゆっくり滞在。さらに今回の目玉はムーミンを管理しているムーミンキャラクターズ社のオフィス。ここにはトーベさんの描いた油絵や大昔からの商品が飾ってあったり、見るモノすべてがお宝の空間です。もちろん事務所なので普通は関係者以外入れない場所なのですが、今回は特別にお招きいただきました。この事務所、昨年ヘルシンキの海の近くに引っ越してきたばかりで、私も行ったことがないのですが、写真で見ると羨ましくなるほど素敵な空間です。
他にも楽しい企画がいっぱいなのですが、長くなるので詳しくはこちらで。残りはあと数人だそうですので絶対行きたいという方は急いで下さいね。

先々週にオープンしたムーミン公式サイト携帯版。実は携帯の機種によってはたくさんの画像を表示しきれないということが分かって、急遽今週のバイヤー日記は木金の2日に分けました。今後もこんなことがありそうなので、金曜日だけチェックしている方は、他の曜日にアップされた日記を見逃さないように気をつけて下さいね。
というわけで、また来週!

One Comment

スナフキン子

さっそく原画展に行って来ました。想像していたより作品がいっぱいで、見ごたえがありました。トーべさんの挿絵に小さくムーミンが描かれているのがとっても可愛いかったし、どこに描かれているか探すのも楽しかったです。ひとつひとつの作品にじっくりと見入ってしまいました。立体模型もムーミンの世界を感じることができて良かったです。一晩会場で過ごしたいくらいもっと居たかったのですが、家で余韻に浸ろうと図録を購入して、後ろ髪を引かれる思いで帰宅しました。

コメントは閉鎖されています。