ムーミンの日レポート後編&金沢のムーミンの日

event_song1

きれいなステージですよね。でも、白鳥さんの美しい歌声は、このトップ画像の写真よりも、もっとずっと素晴らしかった!!聞きながら、瞳がうるんだ新金庫番です~。だって、女の子だもん。でも、ちらりと周りを気にすると、あっちの隅では、いつも元気なイベントスタッフのワークショップ番が、やっぱりうるうるしていました。歌の力って、不思議ですねえ!

さて、お待たせしました。今週も、「2014 ムーミンの日の集い」後半のレポート参りますぞ~。先週ご紹介した前半の第一部が終わると、休憩時間をはさんで、第二部では、みんなが待っていた白鳥さんのオンステージが始まったのでした。アニメ「楽しいムーミン一家」の第1話、「ムーミン谷の春」の冒頭シーンを背景に、生で語りを入れてくださっています。

こんなにたくさんのファンたちが詰め掛けた10回目のムーミンの日、受付のとき配られた、ムーミンの日オリジナルエコバッグをひざに、みなさんそわそわしています。それに、今日は、テレビのニュースショーや、たくさん雑誌、新聞の取材も入っていました。さすが、トーベの生誕100周年ですね!
会場1.jpgあんまりたくさんお客様がいらしたので、もうちょっとで満席状態。ムーミンの日運営委員のスタッフもびっくりです。

休憩中のロビーでは、ムーミンの日やムーミンカフェのオリジナルグッズが売られていましたが、今年のムーミンの日グッズのかわいいこと!でもね、ムーミンの日が10回目だから、テーマビジュアルに描かれている果物の数が10個なんですって、何度も言っているのに、こんなに描いちゃって・・・。ま、いいか、だって数が多いと、とってもおめでたい感じがするものね!!サウナ番はどれが好き?
goods_bene.jpgevent_neos.jpgイエ~イ、当日はずっとロビーにいたサウナ番です!どれでもいいから欲しかったけど・・。、買えませんでした。うう。だって、ステージも盛り上がっていたようですが、ロビーも同じくらい熱かったです~!何せ、買い物の行列が途切れないので、後半のステージの始まりを遅らせたくらいですから。
当日販売ブースでは、ムーミンカフェといえばのベネリックや、ドリーム・ぽけっとなど、ムーミンの日限定グッズを展開しているところも多く、しっかりゲットされてる方多数!今年はグッズのほかに「We Love MOOMIN」でおなじみネオス株式会社からスマホ用限定壁紙も出てました~!家に帰っても携帯見るたびに楽しかった思い出がよみがえりそうですね。
さて限定と聞けばやはり買ってしまうのは人の常というもの、各ブースで複数買いされる方も結構いらっしゃったようで。加えて販売ブースのスタッフの熱烈な呼び込みもあってか、見る見る間にレジ待ちの列が膨らんでお団子になってしまったことも!とはいえロビーいっぱいに人が溢れてもトラブルの気配も無いあたり、ムーミンファンの皆さんはほんとに穏やかで素敵な人が多いんだな~としみじみ思う我らスタッフでありました。エプソンのブースではスマートキャンパスのプロモーションが行われており、こちらも大盛況でした!午後2時から午後4時までの間、文字盤に「 moomin’s day 」と表示されていたの、見られたかな?

そうしたロビーの喧騒も、いざ英美子さまのステージが始まると、水をうったような静けさに変わりました。ふたたび、プログラムの解説は新金庫番です。今回は、冒頭でもご説明したように、ミニコンサートの頭で、アテレコで生ナレーション入れたことで、ぐぐっと雰囲気が盛り上がりました。そして、その後は、まさに夢のようなひととき、「夢の世界へ」と、「遠いあこがれ」、「いつかすてきな旅」の3曲を、曲紹介もおりまぜながら、歌い上げていただきました!

event_talk2.jpgただ、今回の白鳥さんのコーナーはそれだけにとどまらず、なんと、ご主人であり、主題歌や挿入歌の作曲者でもある白鳥澄夫さんも登場され、お二人で、曲作りの思い出などを語っていただきました。英美子さんが、フィンランドにムーミンを尋ねていった話や、澄夫さんが、ムーミンのアニメのために、260曲も作曲してふらふらになった話、また、このアニメに作曲をするときは、子ども用ではなく、大人が一緒に聞いてくれても感動するような曲を作ることを意識していた、という澄夫さんのお話を聞いて、え?トーベさんのお話作りと一緒だあ、とは、私だけではなく多くのムーミンファンが考えたことでしょう。今回も、進行役は、宝島社のブランドムック編集長、根本さまにお願いしましたが、すっかりムーミンともなじんで、リラックスした様子で司会なさってました~。

event_talk1.jpg実際に作ったけど、採用されなかったらしい曲も、ショーの中で聞かせてもらい、その曲を作ったときには、「ニョロニョロ」じゃなくて、「ふにゃふにゃ」だとばっかり思って作ってみた、など、とてつもなく面白い解説をご本人から受けるという、贅沢で楽しいひとときでした!それにしても、仲良くお話をされるお二人の笑顔がすてきでしょ?やさしそうなご主人さまは、英美子さんの所属事務所の代表でもあるのですが、ずっと一緒なのに、ほとんどケンカもなさらないそう、うらやましい限りです。

さて、次のメニューは恒例のムーミン絵手紙コンテストです。今年も、たくさんの絵手紙がムーミン谷に配られたそうですよ。
グランプリの授賞式をお手伝いしてくれたのは、ムーミンと、ムーミンカフェのカナフキンさん。二人がスキップして出てきたのがかわいかったですね。グランプリの方の今年の賞品は、ほあほあムーミンの2Lと、アニメDVD5巻セット、それに、新装になったばかりのムーミンの小説セットでした。で、お持ち帰りになったグランプリ受賞者以外のみなさまには、来週以降、各賞品を送付させていただきますので、もう少々お待ちください!

event_etegami_g

グランプリ受賞者さんのうれしそうな横顔が、印象的。やっぱり、ムーミンの大きなぬいぐるみは、このままお持ちになりました。コンテストの詳しい結果は、2014 ムーミン絵手紙コンテストのページでご覧ください。そして、もう一つ、大切なお知らせです。忘れてはいませんよ~。グランプリに投票していただいた中から、抽選で20名様にエコバッグか、ムーミングッズのいずれかプレゼントさせていただきます。ただ、内容はお選びいただけませんので悪しからず、ご了承ください。今週、メールをお出ししましたので、思い当たる方は、受信チェックよろしくお願いいたします!当選メールが届いていた方は、2週間以内にお返事をくださいね。

さて、いよいよ楽しい時間も終盤に差し掛かってきました。本日のサプライズプログラムは、この10月にフィンランドで公開され、来年には日本にやってくる長編アニメ映画「劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の予告編ロングバージョンをファンにお披露目です!このブログでも、チラリズム。

event_movie1

このビッグニュースを受け、会場のみなさんからも、おお~とどよめきが!ムーミン一家が動いてるって、本当にすごい、なんだか興奮してきちゃう、新金庫番です。「We Love MOOMIN」でも、ゆらゆらとキャラが動くアプリに夢中なのですが、この映画は本当に待ち通しいです。

そしてついにムーミンの日の集いをしめるために、あのアイドルグループがやってきました~。会場の興奮も頂点へ!!
では、皆さんありがとうございました!そろそろ、お別れのお時間です!(え、えっ?もうそんな時間ですか。)でも、寂しくないもん。来年また会えるものね。こちらこそ、ありがとう、ムーミン・ミイ・スナフキン!

event_byebye

会場は撮影会状態。お客様は、アイドル写真を写すためにどんどん前方へ移動してきていました!

event_my1

そして、ミイのお団子あたまにして来場なさった皆さんは、最後に、ミイを囲んで記念撮影です。昨年からは、会場が室内になったので、待ち時間やポーズを決めるまでの時間も辛くありませんね。ただ、学校も休みだし、お子さんが多いかと思っていたら、案外大人の女性が多かったのは意外でした。また、みなさん、お帰りの際にはお土産の、北陸製菓のムーミン谷のビスケットをもらってうれしそう。暑い中、大勢ご来場いただきまして、ありがとうございました!団体の記念撮影を含むミイのお団子たちの写真は、また来週、ブログにてご紹介しますのでもう少々お待ちくださいね。 今週はここまででっす!

最後は、再度サウナ番から、町家カフェなどを会場にして盛り上がった、金沢のムーミンの日をレポートしてもらいましょう! サウナ番ちゃん?聞こえるぅ?

ただいま、金沢からお送りしております、サウナ番です。なんちゃって。台風がきていなければ、実際に行きたかったんです~。

event_kanazawa1

金沢では8月9日(土)、10日(日)に北陸製菓の主催で「ムーミンの日のつどい 2014 in Kanazawa 」が開催されました!ギャラリー椋という商家を改修したギャラリー兼カフェには「ムーミンママのクッキーラボ」がオープン。当日は雨のそぼ降る中、お店の外まで行列ができていたそうです!

event_kanazawa2

一旦中に入ると、落ち着いた佇まいの内装の店内は優しい色合いで飾り付けられ、思い思いにお菓子を選ぶ人がたくさん。ちなみに、今年はイベントの開催に当たって「大人」を意識していたとのこと。たしかに会場の雰囲気はぐっと大人っぽくなり、幅広い年代の方が来場されていたという話も納得です。

event_kanazawa3

こちらは当日お店で販売されたムーミンママの形のクッキー。素朴な焼き色とリボンがムーミンママらしいです。
このほかにもムーミン、ムーミンパパ、スナフキン、スニフのクッキーも販売され、不定期で焼きたてクッキーの販売も行われていました。焼きたてを手に入れられた人はかなりの幸運の持ち主かも!限定販売のクッキーはキャラクターごとに味が違うそうです!芸が細かいですね~。
併設された畳敷きのカフェスペースにはムーミンの絵本が置かれたり、トーベ・ヤンソンのドキュメンタリー映像が上映され、のんびりムーミンを満喫できる空間になっていました。カフェスペースには取り放題のビスケットが用意されていたという太っ腹情報も!ちゃぶ台の上でムーミンビスケットをほおばりながらお茶できるなんて、夢のような空間です。

event_kanazawa4

第二会場の馬場公民館では五藤光学研究所制作のプラネタリウムプログラム、「ムーミン谷のオーロラ」を上映。ややや、このドームは、平らな天井の狭い場所でもプラネタリウムが映せる、という五藤光学研究所さんの最新システムではないですかな??いってみたかったな~。参加した皆さんは、もこもこのドームの中に広がる星空とムーミン達の物語、楽しんでもらえたかしら?
他にもムーミンとミイとの撮影会、エコバッグプレゼントスタンプラリーと充実したプログラムでムーミン一色の2日間となりました!

台風が通過したので、とても心配していましたが、金沢のムーミンの日は無事盛り上がってよかったですね。ファンの皆さんの願いが通じたのは、やはり今年が生誕100周年だからでしょうか。
最後に、まだ各地で雨による被害が出ているようです。被害にあわれた地域の皆さまにお見舞い申し上げます。

では、また来週までアディオ~ス!!

コメントを残す