世界のムーミンイベント Vol. 4

imageimage

みなさんもご存じの通り、今年2014年はムーミンの生みの親トーベ・ヤンソン生誕100周年のミレニアムイヤー。

トーベの故郷フィンランドはもちろん、世界中で人気沸騰中のムーミン ♪
世界各地で行われているムーミン関連イベントの様子を、少しずつご紹介していくコーナーです。
日本とはまた違ったムーミンの世界観をお楽しみください!

 

image

今回は10/23 (木) から開催されるトーベ・ヤンソン展に先駆け、フィンランド国立アテネウム美術館で開催された、本展の様子を。

image

日本では人気アニメーションムーミンの作家として知られるトーベ・ヤンソンだが、本展では画家としてのトーベを再評価するという側面もある。

image

トーベ・ヤンソンによる絵画やスケッチ、風刺漫画、ムーミンのコマ割り漫画、イラストなど、幅広いコレクションを展示。

image

15歳から手掛けていた、風刺雑誌『ガルム』。
十代の若さで『ガルム』誌の常連画家となったトーベは、1953年に『ガルム』誌が廃刊になるまで24年間にわたり、500点余りの挿絵と100点余りの表紙絵を描いている。

image

トーベの作品を通しその当時の時代背景や、トーベ自身の心境の変化が感じられるのも興味深い。

 

image

こちらはおなじみ、Tove100 のJubileeマグの原画。

image

トーベ自身の作品だけでなく、トーベの母、ハムが作ったという花冠の展示なども。

image

会場には、ムーミン物語の挿絵以外にも、ムーミン谷のキャラクターたちの冒険やストーリーが生き生きと表現されている、20ほどの立体模型もあった。

image

さらには家族の写真、手紙なども多数展示。

過去には公開されたことのない個人所蔵の貴重な作品もあり、まさに過去最大級のトーベ・ヤンソン展と呼ぶにふさわしい。

image

“初期のころから晩年までトーベのアートワークのすべてを見てもらえるような展示会にしたかった。”
と本展への思いを語ったのは、キュレーターを務め、トーベ・ヤンソン評伝の作者としても知られるトゥーラ・カルヤライネン氏。

同氏は、10/23(木)から横浜・そごう美術館を皮切りに各地で開催されるトーベ・ヤンソン展に合わせて来日、10/24(金)には東京都の日比谷図書文化館で トーべ・ヤンソンの新たな魅力を語る講演も行う予定だ。

『トーベ・ヤンソン展 スケジュール』

2014年

10月23日- 11月30日 そごう美術館、神奈川県横浜市

12月13日 -2015年2月15日   北海道立帯広美術館

2015年

2月28日- 5月6日    新潟県立万代島美術館

5月23日- 7月 5日     北九州市立美術館 分館、福岡県

7月25日- 9月27日  あべのハルカス美術館、大阪