ムーミン谷の冬と、東京の冬

「世界じゅうが、どこかへいっちゃったよ。」 ―ムーミントロール
『ムーミン谷の冬』講談社/山室静訳)
今週の東京の大雪は、まさにそういった感じでした。森番も外へ一歩、足を踏み出した瞬間、いつもとは見違えるような街の風景に、思わずはっと、させられてしまいました。毎日、見慣れているはずの景色なのに、全く別世界のようでしたね。


いつもは色んな種類の音が、騒がしく交り合う東京のど真ん中も、この日だけは、とっても静かでした。。。もちろん、交通量そのものが少なかったのかもしれないけれど、雪が降ると街はどういうわけか、本当に静かになりますね。森番はそれを、雪が降ると、空気中の音も、雪と一緒に地面へ落ちていくのかな、といつも勝手に想像したりしていますが、実際のところは、どうなんでしょう?
ともかく、そんな雪が降り積もって静かになった東京の街で、空からしんしんと降ってくる雪を眺めるというのは、なんだか特別な気分でした。帰宅途中、お散歩中のワンちゃんが、大喜びで雪の中を駆けずり回ってたり、子供たちが楽しそうに、お父さんと一緒に雪だるまを作ったりしている姿も、とても微笑ましかったです。

ちなみに冒頭の言葉は、冬眠期間に一人、目覚めてしまったムーミントロールが、雪にうずまってしまったムーミン谷を見て口にしたセリフ。他にも驚いたムーミンは、こんなことを言っています。
「ぼくがねむっているあいだに、なにもかも死んでしまったんだ。この世界は、きっと、ぼくの知らない、だれかほかのやつに、占領されちまったんだろう。」

ムーミンかわいいですね。でもムーミンに限らず、雪を人生で一度も見たことのない温暖な国の人が雪を見たら、本当にそう思うのかもしれません。

そういえば、新金庫番も昨夜、そんな「雪初めて」風情のわんこをみましたよ。上品なブルネットのミニチュアダックスが、なぜか散歩途中の道路脇に積もった雪を必死でほうばっていました。きっと普段は、都会の暖かいお部屋で美味しいものを食べてかわいがられているに違いない、つやつやの毛並みのわんこが、作業着姿の飼い主のおじいさんにうながされるのもきかず、どうしてそんなに雪にこだわっていたのでしょう。
正体のわからないものの感触を敏感な口の中で一所懸命確かめているのか。それとも、冷たい雪を、口に入れては、ああ、冷たい、溶けちゃった、ああ、冷たい、溶けちゃったという繰り返しが、やめられなかったのかしら、とも思いました。

そして、この『ムーミン谷の冬』のお話で、初めて雪や氷をみたちびのミイも、実は同じようなことをしていますよ。冬眠からさめてすぐに、すべってしりもちをついたミイは、つるつるした地面を初めて体験して、おしりソリ遊びを発明しました。一応ミイらしく、おしりを打ってムカついた分は、だれにともなく悪態をついてから、今度は、雪に覆われた山道をおしりでジグザグにすべり降りるという遊びを6回も繰り返しました。そして、その一人遊びをさらに進化させるために、まだぐっすり冬眠中のミムラねえさんのところに、ねえさんがベッドにしていた段ボール箱を取り上げに行ったものです

初めての世界で、初めての体験をするって、ちびのミイでさえ、こんなに興奮するものなんですね。

ところで、ムーミンファンの皆さまに大事なお知らせ。先週のブログではフィンランドについてご紹介しましたが、いよいよ、ムーミンオフィシャルツアー2018夏至ツアーの予定が発表されるそうです。また、ムーミン公式ファンクラブで無料メルマガ登録をすれば、その後の先行予約で申し込めるそうなので、発表を待っていた皆様は、来週金曜日以降、ムーミンオフィシャルツアーサイトなどから情報をチェックしてくださいね。

では、最後に森番からも、ムーミンファンの皆さまにやっぱり大事な(?)お知らせ。この度、ポッピンゲームズジャパンによるパズルアプリ『ムーミン くるくるコロル』と、ムーミン公式オンラインショップ『PEIKKO』が、コラボキャンペーンをスタートしました~。
ムーミンのスマホゲーム、『ムーミン くるくるコロル』をお試しになったことはありますか?その「くるくるコロル」のお知らせから入り、特設ページ経由にてPEIKKOでお買い物をすると、非売品の「くるくるコロル」オリジナルシールを無料で手にいれられるのだそう。コロルのイラストは、ほかに商品化されていないので、コロルのゲームキャラクターがかわいい!!と思っている方は、ぜひ、この機会にこちらのシールをゲットしてくださいね。

(詳細はこちらのムーミンニュースより)。
ここではその限定数量のオリジナルシールの現物を、ご紹介させていただきます。

ステッカーにはお馴染、ムーミン谷にかかせない仲間たちが揃っています。2頭身未満のぬいぐるみにデフォルメされたムーミンたち。ただでさえ、ふっくら?しているムーミンの体系が、更にふっくら?していて。。。なんだか、ひふみん?にも似ているような。。。ムーミンとひふみん。。。。

下は、スティックのりと、スティンキー。(おやじギャグではありませんよ!)童心に帰って、シール遊びです。昔、小学校でシール帳が流行っていた頃のことを、懐かしく思い出しました。
ちなみに森番は自分のお気に入りのシールを、他人の持ち物に付けるという、甚だ迷惑な癖があって、いつも嫌がれられています。。。森番が逆の立場でもやはり、そういう人は嫌ですね。。。でもそうとは分かっていてもやめられないのが、人間の恐るべき癖というものです!そして今さら気がついたのですが、これらの文房具は全て、森番が倉庫で借りているものだったのですが、大丈夫なのでしょうか。。。
修正テープには、梨型体系のムーミンがちょうどすっぽりと入りそうなスペースがあったので、思わずムーミンシールを張ってしまいました。ムーミンの瞳の色と、修正テープの青がちょうどいい感じにマッチしていますね。うふふ。ステープラーの押し部分には、ニョロニョロを張りましたが、少し窪みがあるので、シールそのものがニョロニョロしてしまう事態に。。。


上は森番の私物の水筒。試しにスナフキンのシールを張ってみたら、想像を超えるインパクト!この水筒はいつも通り、帰宅後に洗って、干したのですが、シールは頑丈で、少しも剥がれませんでした。この水筒にコーヒーでも詰めて、散歩へ出かけたら、気分は完全に旅人スナフキンですね。

う~ん、いままでで、一番楽しそうな森番。。森番は本当にシールフリークだったというのが、よくわかりました。
来週までシール剥がれなかったら、また教えてね!それではまた来週まで、アディオ~ス!