ハッピーバレンタイン ♡ムーミンより愛のことば

一つ、二つ、三つ、四つ、。。。。え!?突然、何をしているかって!?けっして好き・・・嫌い・・・好き・・と密かに想いを寄せる相手のために、花占いしているわけではありませんよ。今年のバレンタインデーに貰えるであろう、チョコレートの数をな、なんと大胆予想しちゃっているのです!!今年は、幼馴染の○○ちゃんと、近所の○○さんと、会社の○○ちゃんと、もしかしたら気になる○○ちゃんからも貰えるかも・・・!ドキドキわくわく!!
こんにちは、自称モテモテの森番です。今年はチョコレートがいくつ貰えるかな、と森番のような不純な考えをお持ちの方、愛は量ではありませんよー!大事なのは量よりも、いつだってその中身ですよー。いつもムーミンを愛されている皆さまなら、きっととっくの昔に気づかれていることでしょう。

今月の初め、某高級チョコレートメーカーが「日本は、義理チョコをやめよう」という広告を出して、話題になっていましたね。(恵方巻きは、大量廃棄を「もうやめにしよう」という広告が話題に。by 新金庫番)その一方で国内の某菓子メーカーは「一目で義理とわかるチョコ」と銘打って、自社のチョコレートを発売しているとか。どちらも面白いキャッチコピーですね。とても印象に残るというか、会社ごとの意志・主張が相手にちゃんと伝わっているように思います。もちろん、バレンタインデーという日のとらえ方は人それぞれ、色んな考え方があるでしょう。しかしバレンタインデー商戦を前に、会社のスタンスを世に広く知ってもらえたという意味では、これらのキャッチコピーは大成功でしょうね!

ただ森番は気づいてしまいました(リトルミイの如く睨みをきかせる)。。。実はこれらのキキャッチコピー、チョコレートを売る菓子メーカーとだけあって「なんでバレンタインデーにチョコレートじゃなきゃいけないの?」っていう部分には、一切触れられていないんですよね!!特に最初の方のキャッチコピーに関しては、日本は義理チョコをやめようという前に、なんでそもそも日本のバレンタインデーはチョコレートなんだ、という問題が先にあるようにも思うわけで。。。そう考えてみると改めて、言葉の力ってすごいですね。その言葉が持つ直接の意味以外にも、色んなことが見えてしまうから不思議です。そしてそれこそが言葉の奥深いところです。
さて、そんな言葉の大切さについて再確認したところで、バレンタイン直前の週末にはこちら、
河出書房新社より発売中の絵本ムーミン 愛のことば(松田素子訳)をご紹介しましょう。(詳しくはこちらのムーミンニュースより)それでは新金庫番さん、お願いします!

この絵本は、「愛」ってなんだろう、という私たちの疑問をムーミンたちが解き明かしてくれるかわいらしい一冊。バレンタインデーのプレゼントにも、ぴったりかも。
そう、最初は愛を失うのが怖くて臆病になっていると思っていたの。でも、愛って、自分のこころのなかにあるのだから、失うことはないはず。本当は、傷つくのが怖いだけなのかも。だって、ムーミンたちに限らず、私たちも、いつもすれ違ったり、踏みはずしたり。

でも、そんなムーミンと、スノークのおじょうさんの最初の出会いって、ご存知でしたか?
これこそ、まさに勇気と愛の表裏一体のエピソードです。小説の第2巻『ムーミン谷の彗星』(講談社 / 下村隆一訳)に初登場した彼女は、くねくね動くおぞましい食虫植物にしっぽから絡めとられ、いまにも食べられんばかり。おしゃれなおじょうさんが、体の色を絶望でむらさき色に変えて、金切り声で叫ぶのを聞きつけたムーミンは、勇敢にもその恐ろしいモンスターに立ち向かいました!おそってくる触手を、スナフキンに借りた万能ナイフで全て切り払って、おじょうさんを助けだしたのです。そして、愛しい人のために、いつでもヒーローでありたいムーミンと、自然体で悲劇のプリンセスになれるスノークのおじょうさんは、理想的なカップルになりました!!
ああ、新金庫番もあこがれるなあ。でも、どっちかっていうと、配役的には、ナイフを自在にあやつって、お姫様を助け出すヒーローのほうの役でもいいけど。トーベ・ヤンソンは、どっちの気持ちで書いていたのでしょうね。そして実際、同じお話の中で、今度はスノークのおじょうさんがムーミンの命を救って、こんな名せりふを放ちます。「でも、あんたを大だこから、毎日でも助けてあげたいわ。」そのときの、ムーミンの返しがふるっていますね。「いやだよ、そんなの。きみは、よくがふかすぎるよ。」(by 新金庫番)

今週は、言葉の持つ力について考えながら、絵本ムーミン 愛のことばをご紹介させていただきました。ムーミンの作品の中には、心に残る言葉が本当に多いですよね。優しい言葉、温かい言葉、愛を感じる言葉、なるほどなと思うような言葉、哲学的な言葉、そして時にはハッとさせられるような意表を突く言葉、怖い言葉などなど。日本には古来から言霊という思想がありましたが、昔の人たちが言葉に神秘的なものを感じたのも、分かるような気がします。発した人にも、発せられた人にも、どちらにも影響を与える、不思議な言葉の力。ネットの普及によって、昨今は誰でも匿名で簡単に言葉を発信できる世の中になりましたが、そんな時代だからこそ、言葉というものをもっともっと大事にして生きていきたいものですね。それでは今週はこの辺で失礼します。また来週~!

最後に新金庫番から大事なお知らせを二つ。2018年2月9日(金)本日のムーミン公式ファンクラブメールマガジンで、オフィシャルムーミンツアー夏至ツアーの先行募集の申し込み先をお知らせします。対象はメールマガジンを取っている方ですので、まだ有料会員になっていなくても大丈夫。メールの配信は午後6時以降になりますが、お申し込みなさる方は、内容をお早めにご確認ください。昨年は、わりとすぐに満席になってしまったようです。
あと、現在、ムーミン公式サイトでは「
ムーミンバレンタインキャンペーン」を開催中。
あなたがチョコをあげたいキャラは誰?というテーマで、皆さまからのユニークな投稿をお待ちしております。キャンペーンへご参加いただいた方の中から、抽選で素敵なプレゼントも!
応募期間は、バレンタインデー当日の2018年2月14日(水)まで。ぜひ、ふるってご参加くださいね~!それでは皆さま、素敵なバレンタインデーを!新金庫番もチョコ受付中~!(え!そうなの?by 森番)