ムーミンの日などイベントと雑誌付録

Moi!みなさん今週も元気に過ごしてましたか?私はこの間、今年初スイカを楽しみました~!美味しくてついつい一人で6、7切れ食べてしまって、晩御飯入るかな??と心配になるほど。どうやらスイカ=おやつということで別腹カウントだったらしく、無事夕飯もお腹に収まりました。こんにちは、サウナ番です。今週は先週に引き続きイベントラッシュ!ムーミンの日レポートもありなかなかのボリュームですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします~。

今週はまず、8月7日に宝島社より発売されたSteady. 2017年9月号のご紹介からまいりましょう!
本屋さんでは石原さとみさんの眩しい笑顔を目印にしてくださいね!さて、なんといっても気になるのは表紙に並んで写っている今月号の付録ですが…
今号は収納トレー大・小&マルチケースが付録についています!
夏らしいブルー系の大判は玄関の鍵置きとして使ってもいいし、洗面所でスキンケア用品をまとめておくのにも◎。洗面所ってよく使うものが多くてつい散らかった印象になりがちだけど、トレーにまとめて置けば片付ける余裕の無いときにもある程度きれいを保てます。イエローが元気な印象の小さいトレーは、アクセサリーはもちろん、クリップや文具をとりあえずまとめておく用にしてみてもいいかも。

何を入れてもOKな懐の広さがありがたいマルチケースは、メイク小物の持ち運びや、ティッシュや絆創膏などをまとめておくのにもぴったり。「あると便利」な小物をまとめて入れれば鞄の中をスッキリさせられます。リトルミイのチャームは取り外し可能なので、自分の好きなものにくっつけて、いつでもリトルミイといっしょにいられますよ。

価格:860円(税込)
付録サイズ(約)
マルチケース:タテ10×ヨコ21.5×マチ2.5cm
収納トレー(大):タテ13×ヨコ20cm
収納トレー(小):タテ10×ヨコ12.8cm

ここからは全国各地のイベントの様子をお伝えします。
まずは小田急百貨店町田店で8月9日から開催されているムーミンミニマーケット
こちらのフォトスポットを目印にいらしてくださいね~。「ミニ」とはいうものの内容はとっても充実、奥に見える棚はどれもムーミングッズで埋まっていると思うと、時間をたっぷり目にとって行かないと回りきれないかもしれない…というほど。
こちらはU-TREASUREコラボの腕時計。色数を抑え、コントラストを効かせたシンプルな配色は大人にぴったりです。
このほかには
イベントの限定商品もしっかり入荷されてます。登場以来人気の高い近澤レースのハンカチは、今回も使いやすい3色で登場。その他にもムーミンマーケット限定柄のTシャツやトートバッグ、マグなどなど。マグはかわいらしい淡いカラーで多色展開しているので、お気に入りの色を探してみてくださいね。

小田急百貨店 町田店 8階=催物場
2017年8月9日(水)~8月17日(木)
10:30~19:30
※最終日は午後6時閉場

続いては先週土曜日、8月5日にムーミンビスケットの北陸製菓が開催した「ムーミンの日のつどい 2017 in Kanazawa」の様子をお伝えします!
毎年多くのムーミンファンが集まるこのイベント、今年もたくさんの人が遊びに来てくださったそうです!毎年好評のビスケット工場見学は子どもから大人まで大集合。目を輝かせながらこんがり焼けたビスケットを堪能する姿があちこちで見られたとか。
こちらは「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の上映会。ちびっこたちもムーミンの世界を楽しんでくれたかな?

イベントの楽しみの一つ、ムーミンとの撮影会ももちろん開催!いろんな人に一緒に写ろ~と言われてムーミンも大喜び。このほかにもぬりえコーナーや体験型絵本コーナーなど終始和やかに会は進み、例年以上のお客様がきてくださっていたそう!みなさま、暑い中遊びに来てくれてありがとうございました~!

ムーミンの日関連のイベントといえばもう一つ、ららぽーとTOKYO BAYビクターエンタテインメントが開催した「ムーミンの日」プレ・イベント  ~ムーミンと素敵なJAZZで過ごすアフタヌーン~の写真も届いています!
ご覧ください、素敵な笑顔!ムーミンの純白のお肌(?)にも負けぬ輝く笑顔を見せてくださったのは、この日出演してくれたKazumi Tateishi Trioのみなさんです!
この日のミニライブでは4曲ほど演奏されていたうち、ムーミンの日プレイベントということもあって、「夢の世界へ」も披露してくださいました!一人、また一人とジャズの調べに足を止め、ゆったりとした時間を楽しんでいました。Kazumi Tateishi Trioのみなさんはムーミンの日にも登場してくださったのですが、その話はまたムーミンの日のレポートでじっくりご紹介しますね。

…ということで、ついに今年もやってきましたムーミンの日の集い 2017@ニッショーホール!東京は今年一番の夏日で最高気温38度、午前10時ごろから午後5時ごろまで35度を上回る蒸し風呂のような天気でしたね!それでも、今年もたっくさんの方が集まってくださいました~!

今年は新しい試みとして全席指定制を導入、最初に発券所で座席指定券を手に入れたらあとは並ばずにカフェでのんびりお茶を飲んでても問題ナシ!という制度です。例年のように早くから会場までずーっと並ぶ必要も無く、ゆっくりした気持ちで参加いただけたのではないでしょうか。
ところが、熱心なファンのみなさんは、午前11時の発券前に、100名さまほど、さらに正午の開場ごろにも、また100名ほどもお並びいただいたんですよ~!これはやっぱり、限定グッズを確実に押さえたい、というファン心からなのでしょうか!!本当にありがたいことです。でも体に気をつけてくださいね!(by 新金庫番)

各物販のブースではこの日のために用意されたムーミンの日オリジナルグッズや新商品が目白押し。中でも光っていたのはピーオーエスから11月に発売予定の、Ivana Helsinki×ムーミンのコラボデザインの腕時計。手前アップで写っているのは、ミイと竜巻みたいな模様がかわいい、公式ファンクラブ会員に向けデザインです!ただ、そのほかの3柄についても、本当におしゃれすぎる~!!昨年こちらのサイトでもご紹介させていただいた第一弾のときもそうだったんだけど、全部欲しくなっちゃいます~!早く発売にならないかなあ。
休憩中は撮影&SNS発信もOKということで、開場前と休憩時間にはロビーに出て気になったものの写真を撮っている方も。Ivana Helsinki×ムーミンウォッチを試着して、フォトロケで撮影すると、試着した時計と同じ柄のポストカードがプレゼントされるという嬉しい特典も。
今年の階段踊り場に設けられたフォトスポットはこんな感じ!お花を摘むムーミン&トーベデザインのさまざまなお花たち。パネルの後ろに回りこんで撮れば、まるでムーミンと一緒にお花畑の中にいるみたい。(ムーミンちょっと大きめですけど! by 新金庫番)
入り口、階段下には、デアゴスティーニ・ジャパンから2017年8月29日(火)に創刊されるのを前に大注目を浴びている「週刊 ムーミンハウスをつくる」の完成版も展示されていました!これはね、まだこの世の中に1点しかないのですよ。なにせ、まだ全部のパーツができていないのですから!
しげしげとお部屋の中までご覧になる方多数。その気持ちよーくわかります!私も完成品を間近で見るのは初めてで大興奮しまして、個人的にも何枚か写真を撮りましたよ…!いまは、こんなキャンペーンもやっているみたい、ぜひ参加したいです。というところで、新金庫番にバトンタッチ!

はいはい、新金庫番ですよ!いよいよいつものお姉さんの司会で、ムーミンの日の集い!始まりました!!最初は、「フィンランド独立100周年~映画・バレエ・音楽・ムーミン美術館~」というタイトルで、今年前半だけでも目白押しだった関連イベントについてのプレゼンがいっぱいです~!
今年はなんといってもフィンランド独立100周年のメモリアルイヤー!ということで、フィンランド大使館の堀内さんからは、今年行われたムーミンバレエやタンペレ・シンフォニーオーケストラのコンサートなど、フィンランド発信のイベントを、今年既に行われたものから、今後のシベリウスのコンサートの予定までご紹介いただきました。イベントの予定は、今後とも、こちらの大使館のサイトからご確認いただけます!発表では、6月17日(土)にリニューアルオープンを果たしたムーミン美術館館長から届いたばっかりほやほやの動画や、さらにフィンランド大使館公式ツイッターで有名なフィンたんのアニメーションも、未発表の第3弾を特別に見せてもらっちゃいました!フィンたんたちの愛らしいアニメ声に、会場も一気に和んでましたね。
そのタイナ・ミュッリュハルユ館長から送っていただいたムーミン美術館動画の一部が下の写真ですよん。3Dシュミュレーションなど、新しい技術をたくさんつかった魔法の玉手箱のような美術館らしいです。もし訪れるなら、ゆっくりと時間をとって訪ねていただいたほうが良いようですね!

その後に控えていたのは大特ダネ!かつてポーランドでテレビシリーズ用に製作されたパペット・アニメーションの再編集劇場版新作映画が、2017年12月2日公開されるというニュースが会場に流されました!そのとたんの、会場のどよめき!!「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」という、タイトルもついたばかりの、今回の映画の配給元は、東映ですが、その東映の高田さんと、プロデューサーの大島さんが登壇し、メールを見たときに電気が走ったという、ムーミン映画との出会いの話をしてくださいました。そして、サラ・オレインさんが歌う主題歌入り動画や、まだ仮編集のティーザーも流されたのでした~。高田さんは、通常は日本の映画を海外に売るのがお仕事。そのためにベルリンなどの映画祭に行くところが、今回はなぜか「買い」の意欲に燃えて、数千のオファーメールを吟味した中ところ、こちらのムーミン映画を見出したのだそうです。
そのうえ、今回出演の機会を得たので、広告用ティーザーをA案にするか、B案にするか、悩んでいるが、ムーミンの日の集いに参加したファンのみなさんにぜひ聞いてみたい会場にお願いしました。高田さんは、その場で行った拍手アンケートで、AとBでは、どちらが良いでしょうか、と聞いてみたのでしたが、拍手の量がどっちも大きくて区別がつかず、さらにもう1回、拍手をしてもらいました!最終的には、拍手が大きい人がA案のほうにいっぱいいたみたい?結局、どちらも出来が良かったということなのかもしれません。

また、そのあとにはPEIKKOの塚本さんからの、オフィシャルムーミンツアーのレポートが続いたのですが、ツアーで訪れた場所の写真もたっぷりで、現地ではショップやカフェなど見所がどんどん増えているため、どこだか覚え切れないぐらいでした!でも、灯台のある島のトーベの描いたイラストが飾られたベッドルームなど、海と縁の深いトーベの魅力にたどる充実のツアー内容が覗けました。今年は計らずも、ムーミンツアーのご一行様が、リニューアルオープンしたムーミン美術館へのビジター第一号だったため、バンバン地元紙に取り上げられたその記事などもあり、公式ツアーならではの楽しさが伝わってきました。オフィシャルファンクラブから杉山さんが出演され、ツアーでもファンの先行予約があるなど、ここでもファンクラブの便利さがアピールされましたね。

 

さて、プログラム前半の目玉、絵手紙コンテストは今年も大盛り上がり!今年の受賞作品はかなりの人が初参加だったとか…!
ステージに上がり、ちょっぴりドキドキの受賞者のみなさん。今年はメタルをエンボス加工した力強い作品や立体でエンマの劇場を再現して、それを光の陰影を使って撮影した作品など、バラエティ豊かな力作が揃っていましたね!エンボス加工をした人は、集いの募集に落選したので、絵手紙の受賞で集いに招かれることに賭けていた!ということで、見事望みを果たされたようです!総勢12名もの受賞者さまが全国から集まって壮観なうえに、ほとんどの人が初受賞なわりには、みなさん堂々と素敵なコメントをして、とっても誇らしげでした。
こちらはグランプリ受賞作品と作者の「せん」さんがインタビューされているところ。ムーミン谷の仲間たちみんながぎゅうぎゅうに、でもとっても楽しそうにしている様子を見るとハッピーな気持ちになりますね。(私も、もしもムーミンの世界に遊びに行けるとしたら、やっぱりムーミン屋敷が一番行ってみたいかなあ… by サウナ番)そんな気持ちが伝わる暖かい一枚でしたね。受賞作品などは、現在オープンしているこちらの絵手紙コンテスト特設ページでもご確認いただけますし、このあと実物がムーミンカフェ ラクーア店でも飾られるそうですよ。
では、今週のムーミンの日レポートは、これにて一旦終了~。また来週、後半のレポートをお知らせしますね!

暑いかと思えば寒くなったり、でもムシムシする湿気とお肌にキビしい紫外線だけはいつもどおり…そんな厳しい日が続くこのごろですが、みなさんは体調に気をつけて、今日からの三連休を楽しんでくださいね!それではまた来週!Moi moi~!